肝機能コラム

二日酔いの症状・原因・対処法を徹底解説します

更新日:

お酒を飲む人のほとんどが、経験したことがある二日酔い

お酒を飲む人のほとんどが、経験したことがある二日酔い。

お酒が好きでも、二日酔いも好きだと言う人はいないでしょう。

嫌な二日酔いの症状や原因となるメカニズム、予防法、対処法についてまとめました。

二日酔いの症状とは

お酒の飲み過ぎは、様々な不快な症状を引き起こします

お酒の飲み過ぎは、様々な不快な症状を引き起こします。

二日酔いの主な症状は、

胃痛、胃もたれ、胸やけ、吐き気、動悸、頭痛、全身の倦怠感、体の震え、睡眠障害、
うつ病のような状態
など。

自律神経系にも作用するため、多岐に渡ります。

二日酔いの原因とは?

二日酔いを引き起こしている物質と、どのお酒にどのような原因が含まれているか

二日酔いを引き起こしている物質と、どのお酒にどのような原因が含まれているか、見ていきます。

二日酔いの原因その1:アセトアルデヒド

二日酔いの原因その1:アセトアルデヒド

アセトアルデヒドは、アルコールが肝臓で分解される際に発生する物質です。

肝臓はアルコールを分解しながら、さらにアセトアルデヒドも処理しなくてはなりません。

したがって、自身の許容量を超えた飲酒をした場合、アセトアルデヒドの分解が追い付かず、全身を回り、毒性に曝されます。

その結果、自律神経を刺激し、頭痛、倦怠感、動悸などの不快な症状を引き起こします。

二日酔いの原因その2:アルコールそのもの

アルコールを飲んだ時におきる吐き気、胸やけなど不快な症状

アルコールを飲んだ時におきる吐き気、胸やけなど不快な症状は、胃食道逆流症(逆流性食道炎)によるものと考えられています。

普段、胃と食道の境目の噴門と呼ばれる部分は、胃の内容物が逆流しないために締まっています。

しかし、アルコールは胃酸の分泌を増やす上に、噴門を緩めます。

そのため、胃液が食道に流れ、吐き気・胸焼け・胃のムカムカといった二日酔いの症状を引き起こします。

二日酔いの原因その3:アルコールに含まれる不純物

アルコール飲料に含まれる不純物(コンジナー)

アルコール飲料に含まれる不純物(コンジナー)も 、二日酔いの不快な症状を引き起こす原因の一つです。

不純物とは、お酒の中に含まれる水とエタノール以外を指します。アルコールにそれぞれ特有の色や風味付けをしているものです。

醸造酒に含まれる不純物とは

原料のアルコールを発酵させ、ほぼそのままの状態で飲む

原料のアルコールを発酵させ、ほぼそのままの状態で飲む醸造酒には、アセトン、フーゼル油、タンニンなどが多く含まれています。

発酵過程で発生するこれらが、不純物と呼ばれるものです。

肝臓はアルコールだけでなく、不純物も分解しないといけなくなるため、負担が増えます。

したがって、二日酔いの不快な症状を引き起こす原因の一つとされています。

醸造酒とは、
酒類の製造法による分類名の一種。原料をアルコール発酵させ,これをほぼそのままの状態で飲用するもので,清澄化のためのろ過などを除いては二次加工を行わないものをいう。
出典:株式会社平凡社世界大百科事典 第2版

毒性のあるメタノール

メタノール(メチルアルコール)とは、アルコールの一種

メタノール(メチルアルコール)とは、アルコールの一種で、お酒の製造過程で発生する液体です。

メタノールは有毒ですが、ごく少量、様々なお酒に含まれています。

肝臓は先にアルコールを分解してから、メタノールの分解に取り掛かります。したがって、メタノールは長時間体内に留まり、その影響により強い疲労感、倦怠感が続きます。

また、メタノールは、肝臓で分解された後も、ホルムアルデヒド、ギ酸、二酸化炭素といった有害な物質になります。

そして、これらは、強い頭痛や吐き気、腹痛や背中の痛みなどの二日酔いの症状が起こします。

お酒の種類と二日酔いの関係

お酒の種類と二日酔いの関係

二日酔いの原因は、いまだ全てが解明されていませんが、お酒の種類と二日酔いの間には、相関関係が分かっています。

同じペースで飲んでいても、平気なお酒と二日酔いになるお酒があるなど、体感として把握している方も多いと思います。

それには、お酒の製造過程の違いによる、含有物の違いが関係しています。

二日酔いになりやすいお酒

二日酔いになりやすいお酒

醸造酒
日本酒・ワイン・ビールなど

ワインの場合、赤ワインの方が不純物が多いので、二日酔いを起こしやすくなります。

原料のアルコールを発酵させ、ほぼそのままの状態で飲む醸造酒には、アセトン、フーゼル油、タンニンなどの不純物が多く含まれています。

そのため、肝臓は、アルコールだけでなく、不純物の分解もしなければならず、負担が増えます。
不純物の分解もしなければならず、負担が増えます。

メタノールを含んでいる蒸留酒
ウイスキー、ブランデー、テキーラ、バーボンなど

ただし、これらにもメタノールを含んでいないものもあります。

二日酔いになりにくいお酒

二日酔いになりにくいお酒

アルコール純度が高い蒸留酒
ウォッカ、ジン、ラム、焼酎、泡盛など

蒸留酒は、醸造したお酒を蒸留しているため、不純物の含有量が少ないです。

しかし、不純物が少ない蒸留酒でもアルコール度数が高い場合、アルコールそのものに胃粘膜が傷つけられ、胃に不調をきたす場合があります。

お酒の値段と酔いやすさの関係

お酒の値段と二日酔いには、密接な関係があります

お酒の値段と二日酔いには、密接な関係があります。

理由は、高いお酒の方が、不純物(メタノールを含む)を取り除く作業が、多く行われているからです。

したがって、同じ蒸留酒であっても高いお酒を飲むほうが二日酔いしにくくなります。

また、同じ種類の酒でもメーカーによって成分は異なります。

二日酔いの時の対処法とは?

すぐに何とかしたい二日酔いの対処法

すぐに何とかしたい二日酔いの対処法を、原因別に調べてみました。

アルコールには利尿作用があるため、脱水状態を防ぐことが重要

アルコールには利尿作用があります

アルコールには利尿作用があります。飲み過ぎて嘔吐した場合も同様、二日酔いの不調には脱水症状が原因で起きているものがあります。

倦怠感、頭痛、吐き気、食欲不振などの症状がある場合、とにかく水分補給をしてください。

水分と共に失ったナトリウムやカリウムなども補ってくれる、スポーツドリンク、しじみ汁などがおすすめです。

飲み過ぎによる低血糖への対処法

飲酒により肝臓がアルコールに分解にかかり切りになる

飲酒により肝臓がアルコールに分解にかかり切りになると、糖分の生産が追い付かなくなり、低血糖に陥ってしまう場合があります。

そして、糖分が不足すると、頭痛、体の痛み、だるさなどの症状が現れます。

フレッシュジュース、スポーツドリンク、タンパク質を多く含む食品などで低血糖は解消できます。

ただし、フレッシュジュースや人工甘味料アスパルテーム入りのダイエット飲料などには、メタノールがほんの少量ですが含まれています。

ですので、メタノールが原因の二日酔いの場合、避けた方がよいでしょう。また、柑橘系、酸性のジュースは、吐き気や胸やけを助長する可能性もあります。

アセトアルデヒドが原因の場合の対処法

肝臓でアルコールを分解する際に生じたアセトアルデヒドの分解が滞り、中毒を起こしている状態です。

肝臓の働きを促進し二日酔いに効果があるとされる成分と、含まれている主な食べ物

 

オルニチン しじみ、はまぐり、あさり
タウリン タコ、イカ、貝類
アルギニン ゴマ、ナッツ、鶏肉(胸)
Lシステイン 主にメチオニンにより体内で生成される
メチオニン ひまわりの種、卵、豚肉(赤身)、大豆食品
セサミン ゴマ
クルクミン ウコン

 

サプリメントを利用すると、簡単に摂取できます。

二日酔いに胃薬や頭痛薬は効くの?

二日酔いに胃薬や頭痛薬は効くの?

二日酔いによる胃の不調は、アルコールそのものの刺激による胃や食道の荒れ、アセトアルデヒドや不純物の影響など、様々です。

アルコールで胃酸の分泌が増え、胃の働きが弱っている時は『制酸薬』の服用も効果的です。おなかの具合も悪い場合は『整腸剤』や『乳酸菌製剤』、吐き気がある場合は、中枢神経を抑える吐き気止めも有効です。

二日酔いのズキズキする頭痛は、アルコール、日本酒に多く含まれているアデノシン、アセトアルデヒド、酢酸が血管を拡張するために生じます。すなわち、長時間血管が拡張し続け炎症し、痛みが起きているのです。

ですので、頭痛に関しては、市販の痛み止めでも効果があると言われています。

もし、二日酔いの症状に改善がみられない場合は、点滴や適した薬の処方などもありますので、病院へ行きましょう。

二日酔いには、事前の対策が有効です

二日酔いには、事前の対策が有効です

二日酔いの症状は、原因が異なっていても似ているものが多いです。

ですので、自分で原因を見極めるのは、難しいと思います。

対処を間違えると、かえって二日酔いの症状を悪化させてしまう場合があります。

したがって、一番大事なのは、自身の許容量を超えた飲酒をしないことですが、

事前に二日酔い予防のサプリを服用する
空腹状態で飲酒をしない
チェイサーを活用する

など、二日酔いになる前の対処をしておくことが大切です。

自身のアルコール許容量の調べ方などについては【お酒の飲みすぎの場合】ガンマ(γ)-gtpと飲酒の関係とは?に、詳しく書いてます。

チェイサーとは
ウイスキーなどアルコール度数の高い酒を飲むとき、口直しに飲む水や炭酸水、アルコール度数の低い酒のこと。
出典:講談社 飲み物がわかる辞典について

二日酔いにオススメのサプリの成分とは?

二日酔い対策におすすめのサプリを、成分別に見ていきたいと思います。

アラニン、メチオニン、オルニチン

アラニン、メチオニン、オルニチンは、アミノ酸の一種で、アルコールで弱った肝臓の働きを促進してくれ、肝臓の再生を助けると言われています。

また、アルコールを飲むことで体内に増えた毒素を、無害な尿素に変える働きをしてくれます。

しじみに多く含まれている成分なので、しじみを使ったサプリをおすすめします。

しじみ習慣

しじみ習慣  
レバリズム-L

レバリズム-L
オルニパワープラスZnプラス
オルニパワープラスZnプラス

中には、オルニチンだけに特化したサプリもあります。

オルチニン

タウリン、グリコーゲン

タウリンは、胆汁の主成分である胆汁酸を構成する成分の一つで、胆汁の流れをスムーズにし、細胞膜を強化して活性化酸素の害から肝臓を守る働きをします。

グリコーゲンは、身体を動かすエネルギーを貯蓄している場所で、血糖値を正常に保つ役割もしています。アルコールの分解で忙しい肝臓は、グリコーゲンの貯えが間に合わなくなります。

したがって、グリコーゲンを補給することは、アルコールによる低血糖を防ぎ、体の回復を早めます。

タウリン、グリコーゲンは、牡蠣に多く含まれています。ですので、牡蠣を使用したサプリメントがおすすめです。

レバリズム-L

レバリズム-L
オルニパワープラスZnプラス
オルニパワープラスZnプラス
肝パワーEプラス

サポニン

サポニンは、身体の巡りを良くし、毒素の排出を早めます。また、肝機能を向上させたり、炎症を抑える効果があります。

サポニンは、大豆や高麗人参などに含まれています。

なかでも、田七人参には、高麗人参の3倍ものサポニンが含まれていると言われています。

また、田七人参は、基本的に飲む人の体質を選びません。ですので、鉄分の過剰摂取や、普段から肝機能に不安を抱えている方にも、おすすめです。

白井田七。
白井田七

白井田七。についての詳しい情報は「白井田七。を飲んだ人の評判から実際の効果を分析!期待できる効果と特徴は?」にあります。

参考記事
白井田七
白井田七。を飲んだ人の評判から実際の効果を分析!期待できる効果と特徴は?

白井田七の効果や特徴を、実際に飲んだ人の評判を見て、分析してみたいと思います。 白井田七を購入した人の評判を見ると、 肥満、コレステロールや中性脂肪を下げるため、また、糖尿病や予備軍の方は、血糖値を下 ...

続きを見る

セサミン

セサミンを摂取することにより、肝機能が向上することが実験で認められています。しかし、セサミンはゴマ1粒の中に、たった1%未満しか含まれていません。

したがって、セサミンは食事からの摂取が難しい栄養素ですので、サプリメントで摂るのが現実的です。

セサミンEX
セサミンを摂取することにより、肝機能が向上する

クルクミン

ウコンに多く含まれているクルクミンは、胆汁の分泌を促し、肝臓の働きをよくします。
日々の食事でクルクミンを摂取するのは難しいので、サプリメントが断然おすすめです。

レバウルフ
レバウルフ

スルフォラファン

スーパーフード、ブロッコリースプラウトに多く含まれるスルフォラファンには、アセトアルデヒドの分解を促進する効果があり、二日酔いの改善に期待できるという実験結果が出ています。

スルフォラファン
スルフォラファン

二日酔い対策におすすめのサプリを公式サイトから購入するには

ガンマーgtp(γ-gtp)を下げて肝臓に良いサプリメントオススメ8選にサプリ選びのポイントを分かりやすくまとめました。ぜひ購入の参考にしてください。

参考記事
肝臓に良いサプリおすすめ8選【ガンマ(γ)-gtpを下げて肝機能を改善】

肝臓に良いサプリおすすめ8選【ガンマ(γ)-gtpを下げて肝機能を改善】 健康診断のγ-GTPの数値が高く、 「肝機能(ガンマーGTP (γ-GTP))の数値を下げたい」 と思っているけど、なかなか行 ...

続きを見る

まとめ

二日酔いの不快な症状は、様々な要因が絡み合って生じるもの

二日酔いの不快な症状は、様々な要因が絡み合って生じるものです。全ての原因が、未だ解明されていません。

したがって、誤った対処により、二日酔いの症状が悪化してしまう可能性もあります。

最近は、サプリメントで事前に、二日酔い対策をする方が多いようです。

ですが、肝機能の限界を超える飲酒を度々行っていい、というわけではありません。肝疾患に陥る前に、節制しましょう。

二日酔いになるのは、自身のアルコールの許容量をオーバーしているからです。

一番確かな二日酔い対策は、飲み過ぎないことです。

参考記事

1

肝臓に良いサプリおすすめ8選【ガンマ(γ)-gtpを下げて肝機能を改善】 健康診断のγ-GTPの数値が高く、 「肝機能(ガンマーGTP (γ-GTP))の数値を下げたい」 と思っているけど、なかなか行 ...

-肝機能コラム

Copyright© 肝機能らぼ , 2019 All Rights Reserved.